05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ubujun

Author:ubujun
2匹のラブラドール(うぶ・♀、純・♂)とまったり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ペット人間化メーカー
ペット人間化メーカー
人間ペット化メーカー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純的成長の記録①~ブラックデビルがやってきた編~

2011.03.27 20:24|
先日、ウブ的成長の記録① (記事はこちら) にて、
相変わらずの親バカっぷりを全開にしたわたくしですが、

本日は純くんの幼少期を、
これまた親バカMAXで、ご披露したいと思います。


まず、純くんが生まれたのは2004年5月5日。

血統書では、5月4日なんだけど、
これはいちばん最初の子が、日付が変わる少し前に出てきたからで、
純が生まれたのは、日付が変わった5日だったのでした。

7頭(だったよな?)兄弟…といっても、
男の子は純1頭。

生まれた時からハーレムだった王子は、
直後に私が譲り受けを希望していて、
もう、名前まで決めていた。

110327_blogjun4.jpg


この「純」という名前。

ウブが「うぶ=純真、純情、無垢」なだけに、
2頭目も、是非清らかなネーミングを、と考えていて、
これは♂を飼ったら「純」だな、
と、以前から温めていたものなのだ。

110327_blogjun1.jpg

こうして母犬のもとで、大切に育てられ、
すくすく育っていった純王子。

小さい時は、プクプクに太っていて、鈍くさくて、
「あー、このこはちょっと運動神経が鈍いかもなー」
なんて思っていた。

まあ、ただでさえ怪獣のようなラブラドールのパピー。
特に♂は、ちょっとくらい鈍い方が、
扱いやすいし、かわいーよなーなんて、
ポテポテ動く純を見て微笑んでいたものだった。

110327_blogjun3.jpg


ところが、だ。


活発に飛び跳ねる女の子の兄弟たちの中で、
いたってマイペースな純の姿は、
生後45日頃、我が家にやってきてから豹変する……。



110327_blogjun2.jpg
そーか、そーか。じゅんくんはつおいねー


110327_blogjun5.jpg
そーだ、そーだ。こんにゃろーっっ

110327_blogjun6.jpg
そ、そうなんだ…。じゅんくん、大人だね……


とまあ、ウブの数十倍のパワーを発揮して、
「これが、ラブラドールのこいぬってもんだ。良く見とけ」
と言わんばかりの怪獣と化していったのでした…。

凄かったのは、「夜鳴き」。

ウブは、2日くらいでサークルに入れても鳴かなくなったのに、
純は、もう、己の意思が通るまで、鳴き続ける。

しかも、尋常じゃない鳴き声。

叱ろうが、無視しようが、
声が枯れるまで「オレを出せ」と、訴え続ける。

こんなちっちゃい頃から、「不屈の闘将」振りを発揮していたわけだ。


いや~、凄かった……(汗)。

しかも、そんなに人に執着もしなかったし。

この当時は、
まさかこんなにマザコン男子になるとは思えなかったなー。

どうなることやら、と途方に暮れたもんだ。

そして、
純が来て一週間後、初代我が家愛犬、シーズーのぺぺが亡くなった。

110327_blogpepe.jpg

享年、13歳。

以前少しだけ紹介したけど、
心臓に持病があって、この前の年には
「もう3年とか、そういう単位で生きることはできない」
と言われていたものの、
前の日まで元気に散歩に行って、
亡くなる直前まで、明日ぺぺが生きていないなんて夢にも思わぬ、
突然の出来事だった。

このとき初めて、飼い犬の死を経験したわけで、
この当時は、ウブでも、純でも、当然だけど代わりにならず、
ひたすら泣いていたなー。

何頭も飼っていれば、悲しみが少なくなる、というのはウソだ。

そのときしみじみ思ったものだった。

正直、純を迎え入れたことを、ちょっぴり後悔したけれど、
この隙間を埋めたのは、まぎれもなく純だった。

このブラックデビルと化した子犬は、
癒す、というより、
ひたすら私たちに、センチメンタルになることを許さなかった。


ぺぺのリードや服を見て、「ぺぺ~(T T)」と涙があふれば、
その背後で、ドッシャンガラガラ。
半ベソをかくまもなく「コラーっっ!!」

ぺぺの写真を見て「ぺぺ~」と切なくなれば、
下から「ちょっときてー!!純がー!!!」と母の絶叫。


今思えば、このおかげで、私たちは
迫りくる後悔に打ちひしがれることなく、
気がつけば、ぺぺの死を受け止めていたのでした。


特に母は、日中この純の大騒ぎに、
どれだけ気持ちが紛れていたか知れないだろう。


そんな出来事もありながら、このとんでもないちびラブに、
私の親ばか魂はますます増大していったのでした。



つづく。



ふ~ん、大変だったのね…。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

なんて可愛いの~~~☆

“ブラックデビル”の純王子は45日目で婿入りだったんですね☆
パピーの頃は可愛いけど 悪さもひとしお!

ラブを育てられたら どんなワンコも飼えると言われる程 ラブが
ヤンチャ犬だと知ったのは、大人しいだろうと思って飼い始めた後でした(苦笑)

ボチボチ、ドンドン?発表されるであろう続編を楽しみにしています♪




わるっちまま様

いや~、ホントにラブのこっこは大変ですよね(*_*)。

純は、色んな意味で激しかったんですけど、
彼の本領は、むしろ体が結構大きくなってきた、
これ以降だったりするんです…。
続編に、乞うご期待(笑)。

ウブが拾い食いの女王だったんですけど、
純の唯一(?)の救いは、食べ物以外は食べないことかなぁ…。

ちなみにこれは、「盗み食いをしない」
ということではありませんので、あしからず。

食べ物は、どこにあろうが、食べます(笑)。

No title

ナント、先代犬「モモ」も45日目で養女に来ました。
うちは、5才くらいまでイエローデビルでした。(笑)

でも、ウニウニしたくなるんですよね~。
(この表現で伝わるかな?)

我が家も経験してるんで、読んでいて、
ウンウン、ソウソウって感じで、
経験した人でなければわからないですよね。

ルータンルージュ様

わかりますよ~、ウニウニする気持ち……。
もしくは、わしゃわしゃ~ってしたくなりますよね?

モモちゃんは、5歳までデビルだったんですね。
ウブは4歳頃で落ち着いてたなー。
色んな伝説は持ってるけど(笑)。
そして、9歳くらいから、再びデビル化してきてます…。

ちなみに純は、生涯現役でしょう。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。