05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ubujun

Author:ubujun
2匹のラブラドール(うぶ・♀、純・♂)とまったり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ペット人間化メーカー
ペット人間化メーカー
人間ペット化メーカー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ球性形質細胞性腸炎

2013.05.22 23:55|うぶ
これが、ウブりんが現在治療中の病気の名前です。



なんだか難しい名前ですが、要するに「炎症性腸疾患」ってやつです。


130522ubu.jpg


ちょっとだけお話してましたが、
3月まではまるまるとしていたウブりんが、
3月に入ってから、みるみる痩せていき、
当初は先生も
「ダイエットの効果が出てきたのかもしれませんね」
なんておっしゃっていたのだけれど、
これまで水でも…、いや、空気でも太るんじゃないかという彼女が
こんなにポンポン痩せるのは、私は納得いかなかったわけです。


体重が落ち出して2週間ほど経ったところで、
フードを増やしてみて、
これでまあ、増えれば大丈夫でしょうとの見解だったのですが、
なんと、体重はどんどん減り続けました。

もはやこうなると、病気以外の何物でもない。

ここで考えられたのは、やはりまず、悪性腫瘍による体重の減少。

1カ月で-4kgという数字は、人間に相当するとかなりの減量っぷり。
どこも悪くないわけがないのです。


そこでまず、エコー、血液検査から入り、
当初は血液検査の結果と見合わせ、エコーで影が見られなければ、
とりあえず腫瘍の線は薄いということになるけど、
もう少し様子を見てそれでも痩せてゆくなら、
あとは考えられるものとしては腸炎だ、という話になり、
全身麻酔をかけて内視鏡検査をしよう
という計画でした。

が、エコー前日。


1日でも早く原因を突き止めて、治療に入りたい。

この考えで、先生も私も一致し、
エコー終了後、腫瘍ではなさそうだの診断をいただいたあと、
そのまま内視鏡に入ったわけです。


結果、先生の見解と、私の焦りは見事に的中し、
ウブりんの小腸は、かなり荒れ果てておりまして、
このため、腸から全く栄養が吸収できていない状態でした。


このままでは、栄養失調です…。


この病気は特発性で、はっきりとした原因は不明です。
リンパ腫、食物アレルギー、細菌の過剰増殖
なんかが引き金になると推測されているそうです。

ウブりんの場合、リンパ腫はなかったので、
残りの食物アレルギーと、細菌の線が濃厚ということになり、
年明けから始めた一切のごはん、サプリメントを中止し、
薬の服用を始めたのでした。


今は、アレルギー療法食と、薬で治療中です。


これで炎症が治まると、体重が増加してきます。


もともと重めだったので(汗)、元に戻すわけにはいきませんが、
かなりの量を与えているので、増加傾向が見られなければ、
ちょっと難しくなってきます。

この病気は


こうやって食事療法と薬で回復する軽度~中度のものと、
治らなければ栄養の吸収ができないまま
様々な栄養が不足して、命にもかかわってくる重症のものがあります。

治療していかなければ、わからないのです。


ひとまずウブりんは、2週間おきに体重測定、
1ヶ月に1度血液検査をして、経過観察中です。

2週間前までは、体重に大きな増加は見られないものの、
減少はストップしていました。

それからこの2週間、1割程度さらにフードを増やして、
今週末に、体重測定です。


ウブりん、犬生始まって以来の、増量への試み(笑)。


ただこれ、
「おっ、快調に増えてるね」ってのを確認できた時点で、
今度は増えすぎないように、気持ちを切り替えなければいけません。


む、難しいぞ……。


と、これが、ご心配をおかけしているウブりんの病状です。


元気なんです。
食欲も旺盛です。

でも、分からないのです。

麻酔がいらないのなら、気軽に内視鏡で診てみるのですが、
リスクが大きすぎて、そうそうできる検査じゃありません。


体のバランスやハリ、調子が良さそうかどうか、
ホントにちょっとした表情で、感じ取っていくことが重要なのです。


ラブの食欲なんて、いっぱい食べるから大丈夫、というよりも
食べなかったら重症、と考えたほうが正解なくらい充てにならないし。

おやつを見せれば、はじけるに決まってるし。


だから、ふとした表情を見ていくしかないですね。



……でも大丈夫か。

ウブりんにはオーラがあるから(笑)。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
う、生まれて初めての、山盛りごはん…。感動。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

先生との連携プレー・・・お見事でした。
このまま、ダイエット成功なんて思ってたら
ゾッとしますね。
ホント、原因がわかってなによりですね。

ウブりん・・・早くよくなってネ。

それにしても、「てんこ盛りのごはん」・・・
ルイーズには、ゼッタイ聞かせられない。(>_<)

No title

「リンパ球性形質細胞性腸炎」なんとも難しい名前の病名ですが
細かなチェックの観察で 状況が早く好転してほしいものです♡
ラブに食欲がなかったら それこそ 命に係わる事ですものね。

今まで ダイエットがなかなかうまくいかない‥と言っていたのに
今度は 体重を増やさないと!と 言いつつ それを微調整しつつ
丁度よい具合に治めるのも かなり難しい話ですが..........
とりあえず ウブちゃんには 一日も早く 完治されますようにと祈ってます!

お互い 元気な二十歳を目指そうね♡♡♡

No title

今回もubujyunnさんの感で病気を早く見つけることが
できましたね。
うぶちゃんは幸せ者です。

今の治療に 効果があることを祈ります。


ルータンルージュ様

ホントにね、のんきに構えていたら…
大変なことになるところでした。
ただ、引き金がまだ絞れていないのと、
間違いなく回復に向かっているのか、の判断が
まだできないのです。
油断、大敵です。。。
体重が増えることが、第一の目標なのですが
ウブりん、増え出したら止まらないから……怖いわー。。
ご心配いただいて、ありがとうございます。

わるっちまま様

そうなのです、かなり難しいです(涙)。
だって、健康=おデブさんだもの(笑)。
でも、体重が落ち出して軽くなったとき、
明らかに歩きやすそうだったり、階段の上り下りが軽快になったので、
やっぱり、体が重かったんだ…と、実感。

まずは、治っていただいて、
それからまた、色々考えてみます。


おおー、20歳!!
飛ばしますね(笑)。まずは15歳から始めませんか?ふふふ。。。

このどん様

いや、今回は勘、というより
もう、痩せるはずのない(笑)ウブりんが
みるみる痩せていくもんで…
ひとまず、今元気だから笑えるのですが、
ウエストがきゅっ、となってる姿なんて、
10年ぶりだったから……。。。
ご心配いただいて、ありがとうございます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。