05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ubujun

Author:ubujun
2匹のラブラドール(うぶ・♀、純・♂)とまったり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ペット人間化メーカー
ペット人間化メーカー
人間ペット化メーカー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウブりんの健康②

2013.01.09 23:55|うぶ

お待たせしました。

今日は、ウブりんの持病についてお話します。


肺炎やら、これまで治療にかかっていた肝臓など、
色々ありますが、
ご心配いただいていますので、診断の経緯は後日として、
とりあえず、肺炎は治っています。
肝臓も、良好です。



昨日も書いたように、
肺のレントゲンに写った、もう一つの病気。


それは


「気管虚脱」


写真で見ると、気管支が首のあたりで潰れて写ります。


これは、気管の強度が失われることによって起こるそうで、
原因は、いまだ解明されていないようです。

小型犬に多く、大型犬では珍しいといわれましたが、
ラブラドール等では遺伝性も指摘されているようです。

呼吸に支障がでるもので、重度になると気管が完全にふさがれ、
息を吸うことも、吐くこともできなくなります。


症状としては、ぜーぜーという音や
ゴフっと、なんだか豚みたいに鼻を鳴らすことがある等。
ウブりんは、これでした。

「あんた、見た目だけじゃなく、豚みたいな鳴き方するのね(ヒドイ)」

なんて言ってましたが、笑い事じゃありません。


気管虚脱を見ようという目的でレントゲンを撮る場合は、
呼吸のタイミングで撮影するわけですが、
何気なく撮っても、息を吸った瞬間であれば、
この潰れた様子が写らない場合が多いそうです。

なので、発見されることがないのです。

こういう意味では、ウブりんはラッキーでした。

これには、気管拡張剤なんかを飲むわけですが、
治療するためのものではなく、延命処置です。


延命、って書くとビビってしまいますが、
ようは症状の進行を遅らせるための手段に過ぎず、
治すには手術しかないようです。

ただ、麻酔さえも危険な場合があるとかで、
これについては、私も今後聞いていこうと思っています。


高温多湿が大敵とのことで、
夏はクーラーなしでは生きられないそうです。

今も窓用クーラーを使っているので、そこそこ涼しいウブりんルームですが、
今年は夏、本格的なクーラーを購入したいと思います……。


もしかすると、けっこう昔からだったのかもしれません。
だって、しょっちゅう豚みたいに鳴いてたり、
いびきがすごかったもの。


息を吸うときに「フガッ」とか、
喘息の人みたいな雑音がたまに聞こえるとか、
気になったら、この病名を出して具体的に相談してみると良いと思います。

どんなレントゲンになるか、は「気管虚脱」で検索すると、
いろんな参考写真がアップされていますよ。


…なんて、今日は写真もなく
なんだか病気レポートみたいになってますが、
これがウブりんの、新しい持病です。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
なるほどねー。じゃあ、栄養つけないと…(いらないよ)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

病気がちゃんと分って、良かったです・・・
というのもおかしいかもしれませんが、
ちゃんと対処の仕方が分かって、良かったと思います。
時々、小型犬の子で、フゴフゴ言っている子を見かけますが、
あれもそうなのかなぁ。

気管支拡張剤。
使うとすごく楽になると思います。
私は気管支炎になる事があって、使うとすごく楽です。
治療の選択肢はあると思います。
でも、ubujunさんが一生懸命に考えていかれるから、
大丈夫だと思います。
でも、エアコンを買うとなると、夏のボーナスも・・・(笑)
お互い頑張って働きましょう♪

ウブりんにはこれからも素敵な笑顔で元気に頑張って欲しい。
ももmamaとももからの心からの願いです。

No title

「気管虚脱」‥ いま早速検索し見に行ってきました。

確かに小型犬に多いようですね。
同じ咳でも ベルには この症状は有りません。
但し、娘の処のチワワンが同じ様な症状の時があります。
勿論、既に獣医さんはご存じの事で、「気管が狭いから」と
私も娘に聞いておりましたが・・・・・

ウブちゃんに 病名が分かったのも ubujunさんの熱意があればこそ!
病名が判明し、本当に良かったですね♡

高齢になるに連れ 若い時のようにはなくて なにかと
心配も多くなりますが、それを細かに見てあげられるのはオーナーたる
我々しかありませんので、私も今月 健康診断を受診の際には 先生に
再度 ベルの咳の事を伺ってこようと思います。

また、色々教えて下さいね。(^_-)b

No title

肺炎は、治ったのね。ヨカッタァ~。

「気管虚脱」・・・初めて聞きました。
ルイーズもブヒブヒいうから、すっごく気になるぅ~。

レントゲンの撮影のタイミング・・・大事ですね。φ(..)メモメモ
ルイーズも「ドッグドック」を考えてます。

こうやってブログで紹介してもらえると、ホント助かります。

うぶリン・・・大事にしてね。

No title

詳しいお話を有難うございます。
実は、こむぎが同じような症状があり、もしかして気管虚脱?と思っていました。
病院で相談しようと思いました。

ももmama様

小型犬は、けっこう多いみたいです。
老齢や肥満で誘発される、って書いてある資料もあります。

が、薬で治療できない、というのが心配なところなんです。
なんとか悪化しないでくれればと思っています。

そうそう、夏のボーナス(笑)。
もう行き先決定…頑張ります。

いつもご心配いただいて、本当にありがとうございます。

わるっちまま様

あらら、娘さんのところのワンちゃんも…。

やっぱり小型犬は多いんですね。
ま、ラブは珍しいと、どちらの先生にも言われました。

病気に気がついたのは幸いですが、
外科的なものでした完治しない、というのが心配なところ。
資料によっては、かなり恐ろしいことが書いてあったりもするので。。
これもやっぱり、老齢が発症の要因になるようです。
まあ、ウブも、ベル君も人間なら90歳超えてるらしいので、
何が起こっても、どんとこいですね(笑)。

ご心配、いつもありがとうございます。

ルータンルージュ様

おかげさまで、肺はもう何でもないです。
ご心配おかけしました~。

ドッグドック、ウブりんは9歳のときに一度受けてます。
その時に色々分かったことがあるので、
かなりお勧めです!!
ルイーズちゃんも、そろそろ受けておくと安心ですよね。
純も今年は受けさせようと思ってます。


気管虚脱、ラブは珍しいそうですよ。
でも気になったら、ドッグドックを受けるときにでも
先生に相談して、1枚その写真をお願いしても良いかもですね。

いつもご心配いただいて、ありがとうございます。

i.mana様

お久しぶりでした。
こちらもいつも、読み逃げばかりでスミマセン…。
このたびは、おめでとうございます。
…って、こんなところから失礼しました(笑)。
ラブでは少ないみたいですし、
特に若い子にはめったに見られないそうです。
でも、ウブもかなり若い時からブヒブヒ言ってたので、
そのころから発症していたかどうかは分かりませんが、
将来的に気にかけておくと良いかもしれませんね~。
ウブは薬を飲んでから、ピタっと止まりました。

No title

ラッキーという言葉は似合わないんですが、
丁度写るあたり、ubujunさん、持ってますね。っていうかウブりんが持ってるのか??
その状態の時に写らなければ解らない病気ですものね。
薬で止まったのはよかったです。
症状が出てからでは残念なことも多い犬の病気。
早く分かってよかったです。お大事にね、ウブりん。
ドッグドッグって面白い!!。

No title

ウブちゃんのお話 UPされるまでがまんしてました。
・・・そういうことでしたか・・・

でも、いつも前向きな貴女の姿勢は たくましくさえ思えますよ。
ウブちゃんも ちょっと楽になったことでしょう。

私も「もう、おじいさんだから・・・」と思わないで 聞いて見よう
と思いました。

Filly様

そうなんです、なんだか間一髪で見つかったり、
偶然診てもらったら、ちょっと具合が悪くなっていたり…
ウブがきっと、強運なんでしょうね。
私はどちらかというと、間一髪でアウトが多いかも(笑)。
でもここで見つかったことで、薬も飲んでいるし、
ちょっと苦しかったのも、楽になってくれていれば…
ブタみたいな鳴き声も、聞かなくなりましたよ(笑)。
ドッグドックは一日ドックっていう病院もあるみたいですね~。
ウブも一度受けましたが、胃カメラ以外は(笑)
人間ドッグみたいでしたよ。

このどん様

がまんされてましたか(笑)。
そうなんです。でもこれ以外は、良好でした。
ウブが感じていた違和感とか、薬を飲むことによって
楽になってくれていれば、と思います。
老化なのか、病気なのか…
ラブくんもウブも、見分けが難しいお年頃だけど、
とりあえず聞いてみるに越したことはないですよね。
ご心配いただいて、ありがとうございましたm(__)m。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。