07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ubujun

Author:ubujun
2匹のラブラドール(うぶ・♀、純・♂)とまったり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ペット人間化メーカー
ペット人間化メーカー
人間ペット化メーカー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つかまれる純 in ニセコ

2011.08.22 23:36|お出かけ

今日から、仕事。


予想はしていたけれど…


やっぱり、体が動かない。

というよりも、やる気エヘッ。


職場の人何人かと電話で話しましたが、
みんな「リハビリ症候群」となっていて、
自分だけじゃないから、ま、しばらくこれでいこう。


さて

途切れ途切れでお伝えしているニセコ旅行記ですが、
大量の写真の中で見つけました。


「つかまれる、純」



つかまれる純1

これは、たしか人が通るか、車が通るかなんかして、
とっさにカラーをとっ捕まえた画。


そして…


つかまれる純2


これは、何が何でも木々の間にあるドブに入ろうとする純を
必死に取り押さえている、私の画。


良く考えてみると、


ウブはとりあえず、とっさの、しかも真剣な


「待て!!」

では、確実に止まる。
いや、きっと止まると信じてる。


でも、純は


信じてるのよ。



信じているけれど…



何かしらの事が起こると、待てと同時に
条件反射で、私は体が動きます。


もう、コマンドより、手が早い。 きっと。


そういえば、


もう3年くらい前になるけれど、
純ととある訓練競技会に出場して、
道にそれそうになるかもしれない(実際はそれていなかった)純を、
思わず引っ掴んでしまったことがあったっけ。

これ、競技会では絶対にしてはいけません…。


服従訓練の、大会なのだから
コマンドで一つ頼むよ、的なことを
審査員の方から、きつく注意されました。


純の背中から湧いてくる
「オレ、やっちゃうよ」オーラを勘違いでも感じてしまうと、
もう、本能的に「抑えろ(押えろ、かも)」の信号が
私に走るのです。



ちなみにこのときの大会。


純の動きは当時「遅れてやってきた天才(4歳デビューだったからね)」
と言われるほど(?)で、
私の愚行がありながらも、
指導手がアマなこともあって、3席でした。


いつでも足を引っ張るのは、私でしたが
事が起こる前に、
全力で犬を制御しなければならないのが飼い主の責任なわけで…。


当時、この習性と葛藤したもんだなぁ。


ま、今は競技会には出ないので、
制御のみに、全力を注いでおります(笑)。



この写真を見て、そんなことをふと思い出しました。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
「いろいろ大変なのね~」byウブ。
  ↑ 最近、君にも手がかかっているよ・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

得に長い休暇の後は“出社拒否症”になった私ですが
“リハビリ症候群”ね‥ (´▽`*)アハハ
ubujunさん ガンバレ!

当時、甘い審査員だったからかどうかは知りませんが、
純君には輝かしい過去の記録があるんですね☆
素晴らしい~♪
ベルも訓練時に競技会へ出る為のトレーニングを
勧められましたが、結局は「別に‥いいです‥」で
しませんでした。
アジリティー‥やっぱりやってた方がヨカッタかな?

それにしても純君 なかなかのツワモノ?(笑)
今尚 心配でしょうがない可愛い末っ子‥といった感じで
なにかホノボノしちゃいますね。(o'∀≦o)b  
ウブちゃんは何の心配も要らない、おっとりした長女
‥ですよね☆

制御することに全力とは、よく分かります。
先代もうぶも競技には無縁なのですが、
わんが起こす行動を阻止する、コントロールするのが
飼い主なわけで。。
私もubujunさんと一緒です。
小型犬の場合は、ひょいと抱き上げてそれで済みますが、
ラブラドールの場合って全力で制御って感じです。
それは、いいワンコでいて欲しい、こうあるべきという飼い主の理想とモラルがそこにあるのかな。
自分の犬がどんな行動をとっていても、無関心、無神経な飼い主の人も結構いますものね。
責任の現れでもあると思います。

グリーンレンジャーの衣装が思いっきり伸びているのが
とても気になりますがw、
あれぐらいの勢いになるのは普通ですよねw。
服を着ない(とっても自由犬?で首輪もやっと、服なんてもってのほかみたい)うぶは、
引っ張るときは首輪かたるんだ背中の皮?です。

わるっちまま様

リハビリと言えば前向きですが、
要は体が動かず、ボケーっと働くことを
「今週はリハビリよね~」と言い訳する様です(笑)。


う~ん。

純は素晴らしいというほどのもんでもないですが、
出ればそこそこ、アジリティもそこそこ
という時代がありまして…。
まあ、アジリティはクラスがビギナーとその一個上のクラスなので、
クリーンランさえすれば、イケル感じです(笑)。

でも、純の体が大きくなって、
さらにエリートボーダーコリーさんたちのデビューとぶつかったりすると
さっぱりでしたけど。(って、当たり前か)

競技会の成績と、通常のいわゆる
「手のかからない犬」とは、まったく別物です(断言)。

いや、ホントは通じてるんでしょうけど、
競技会の練習や、本番は、この記事の時以外訓練士さんと出てたので、
完璧だったんですねぇ…。
やっぱ、私を舐めていらっしゃるのです。

ほのぼの…。

いや、けっこう戦慄が走ってますよ(汗)。

Filly様

そうなんですよね~。
小型犬のように、抱っこしてとりあえずその場を…
ってわけには、いかないですもんねぇ。

私はすごい時なんて、タックルしてますよ(笑)。

純はどんな時でも首輪はしています。
力が凄いので、
首根っこでは、握力が持たないんですよね(汗)。

とりあえず、見た目はどうあれΣ(°Д°)、
他の方にご迷惑をかけるのだけは、避けたいものです…。

あ、ちなみにTシャツ。
すごい安いものなんですけど、意外と伸びなかったです(笑)。

「オレ、やっちゃうよ」オーラ・・・すごくわかります! モカは眉間に縦じわが入る(ギバちゃんになる)と私は力入ります。
その間 ラブを離してます。

モカにはいつまでも母親なんですね。
信じてるけど心配・・・
これって今までもこれからも ずっとだと思います。


このどん様

モカ君も、出しますか。
「オレやっちゃうよオーラ」…。
ギバちゃんになるんだー(笑)。
純は、こう、耳が浮き上がります。
あ、もしかして正面から見るとギバちゃんになってるのかも。
いつまでも母親、ってすごく良く分かります。
そうなんですよねー。
ずっとパピーな感じというか。
ウブだと、もうパートナーって感じなんですけどね。
ラブ君もそうかな?

私もきっと、純がじーさんになっても
「純くんでちゅかー(←怖い?)」
とかやってるかも(爆)。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。