05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ubujun

Author:ubujun
2匹のラブラドール(うぶ・♀、純・♂)とまったり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ペット人間化メーカー
ペット人間化メーカー
人間ペット化メーカー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいお知らせ。

2011.06.22 23:45|お友達
明日から、仙台に出張です。

震災後、初めて行きます。

こちらからの飛行機は、まだ運航本数も少なく、
空港からのアクセス線は復旧の目途が立っていないそうです。

被災した会社の方々に会うのも久しぶりなので、
元気な姿が見られればなぁ、と思っています。


そんなこんなで、明日から


110622_jun.jpg

純くんは、留守番です。

一泊ですけど。

彼は最近、皮膚のかゆみが強くなるシーズンとあって、
目の周りが「逆パンダ」状態となっております(T T)。


ステロイド、もらってこないとな…。


話は変わりますが、
本日のタイトル、悲しいお知らせ。


ブログの更新が止まっている間、
先月中旬までは、記事を書けないものの、
いつも訪問してくださっている方や、
ブロ友さんのところにはおじゃまして、
コメントを書かせていただいたり、様子を拝見してたりしたのですが、

後半からは、ご存じのとおりPCを立ち上げることもなく、
すっかり姿を消してしまった格好となっていました。


6月の初旬に、一度
「そろそろ更新しようなかー」とパソコンを開き、
その前に「あの子はどうしてるかなー」なんて、
色んなブログをのぞいてみようと思っていた時でした。

ちょうどネットサーフィンを始めようと、
とりあえず自分のブログに入った少し後に、
そのコメントが入りました。


「ラビィー、5月29日に旅立ちました…」

もちろんお会いしたことはないんですが、
いつもブログを拝見していたので、
とてもショックで、泣きました。

ラビィーちゃんは、
骨肉腫で前足を断脚し、その後肺転移が見つかりながらも、
飼い主のラビィーママさんは
前向きに、そんな病気との共存を目指していらっしゃいました。


私は、ブログ村の新着ブログの中から
ラビィーちゃんのブログを知りました。

闘病ブログ、なんだけれど、
ラビィーママさんは常に明るくて、
過去記事を読んでも、
後ろ向きになったり、悲観的になったりしている記事は一切なく、
ただひたすらに、ラビィーちゃんを大事にしている様子が
本当によく伝わってくる感じがして、
安っぽい表現になるけれど、感動しました。

私は人見知りなので(笑)、
コメントを下さった方とか、
いつも訪問して下さっている方のブログには、
自分からコメントできるのですが、
全く知らないブログには、コメントしたことがないんです。

そんな私が、どうしても一言
「応援しています」と言いたくて、
初めて見ず知らずの方にコメントしたのでした。

きっと、病気が見つかって、断脚して、
辛かったにきまっているのに、
常に明るい文面だったり、
こちらのブログにもコメントして下さって、
逆に励ましていただいたり…。

今年の春には断脚後、初めて川遊びをしている動画がアップされて、
ラビィーママさんの心配をよそに、
しっかり泳いでいるラビィーちゃんの様子を
本当にうれしそうに書かかれていて、
私も嬉しくて涙が出ました。

犬はどんな状況になっても、現実を受け止めて
現状を一生懸命生きるんだなぁ…。
人間なんかより、ずっと強くて、たくましいんだと、
泳ぐラビィーちゃんを見て、思ったんです。

上手く書けないけれど、
そんなラビィーちゃんの様子や、
いつもかわいい特注のお洋服を着ていたり、
ママさんが、色んなサプリの勉強をしていたり、
本当に、愛情いっぱいのブログで、大好きでした。

最後は脳への転移で急変したと聞いていますが、
ブログを頻繁にのぞいていた時は
病院の先生にも「まだまだ大丈夫」と言われて
安心した様子を聞いていたので、
本当に驚きました。


病気で足を失っても、
同じように遊んで、やっぱり食べることが大好きで…

先にも書きましたが、
現実を受け止めて、前向きに一生懸命生きている
ラビィーちゃんのファンだったわけですが、
それは同時に、
私がラビィーママさんのブログを拝見して、
そこから感じたことでもあるわけで、
正確に言うと、このお二人のファンだったんですね。

いつかウブや純が歳をとったり、
万が一病気になってしまったとき、
少しずつできなくなっていくことや、
いつか来てしまうお別れの時を考えて、
悲しんで泣いてばかりいたり、途方に暮れてしまうんじゃなくて、

ラビィーママさんのように、
そんな時だからこそ、明るく、
一緒にいて犬が楽しい、幸せだと思ってくれる時間を
少しでも長く過ごせる努力をしよう。

そう思ったんです。


かなり前に、知人の犬の死について書きました。
「お別れ編」

ラビィーママさんと一緒にいたラビィーちゃんも、
やっぱりとても幸せだったと思います。



きっとまだまだ、悲しいと思うけれど、
いつかまた、他の子たち(Junくんやマロンちゃん)の様子を
聞かせていただけたらと思います。


ラビィーちゃん
そしてラビィーママさん
本当に、お疲れさまでした。

ラビィーちゃん、天国でゆっくり休んでね。

仕事が忙しかったり、色々あったりしたとき、
ラビィーちゃんのブログには本当に励まされました。

本当に、ありがとうございました。




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。

ubujunさんと同じ思いを私も何度も経験しています。
一度もお目に掛かった事はないブロ友さんであり、ワン達ですが
そうした訃報は本当に辛いものです。 
先だっても17歳と3ヶ月で虹の橋を渡ったゴールデン君の
ブログを読んで 涙しました.........
この方のブログに一度としてコメントを残した訳ではないのですが
楽しみで毎日訪問していました。
本当なら大変な老犬介護を、とても楽しげに愛情一杯注いで
日々寝ずの介護も「夜勤」と称し明るく書かれて居りました。
ubujunさんのブロ友さんのラビィママさんと同じで まさに
飼い主の模範だと思います。

ウブちゃんと一緒で もうすぐ11歳になるベルです。
最近では得意とする?瞬殺の食べっぷりが少しずつ遅くなって
来ているのも気付く様になりました。
勿論 楽しんだ後の反動の疲労度も若い頃にはないですものね‥ 
既に暑くムシムシとし始めた昨今、「ハァ~ハァ~‥」の息遣いに
何とか楽に今夏を過ごさせてあげたい それが目下の課題です!
一日でも長く生きて欲しいと願うばかりです。
お互いに頑張りましょう!

最後に ラビィちゃんのご冥福を心からお祈り致します。 


No title

いつもブログを拝見しているワンの訃報は、
とてもせつないですよね。

ラビィーママさんのラビィーちゃんへの愛情が
しっかり伝わってきました。

普通に考えれば、ワンのほうが先に旅立つわけですが、
飼い主も、ワンも幸せな日々が送れたと
思うことが大事ですよね。

ラビィーちゃん、天国でもいっぱい遊んでね。

そして、純くん「逆パンダ」根気良く直してね。

Re: No title

わるっちまま様

そうですよね。
年老いてきただけでも、切なくなるのに、
重大な病気にかかってしまっても、
なお気丈に犬と接するのは、本当に辛いことだと思うんです。

まして、ラビィーちゃんは、
ウブよりもずっと若かったんです。
確か、8歳か9歳だったと思います。

まだまだ若い愛犬が大病にかかり、
早くに亡くなってしまうのは、寿命を全うしても辛いことなのに、
どんなに悲しいでしょうね…。

多分まだ、同じ犬種の似た子なんかを見るのも
苦しいのではないでしょうか。

その気持ちを考えると、涙が出ます。

ウブも、そしてベル君も、
寿命と言うにはまだまだ若いお年頃。

今現在、健康であることに感謝して、
大切にしてあげたいですね。

Re: No title

ルータンルージュ様

かなり前の記事にも書いたんですが、
どんなにしても、やっぱり色んなことを考えてしまいますし…。

自分の最大限大切にして、
自分に飼われて良かったと思ってもらいたい。

でも犬は話せないから、難しいですよね。

でも、先立たれるのは辛いけど、
だからといって、犬をおいて自分に何かあったら、
それこそ犬がかわいそうですし…。

自分の体も大事にしないと、ですね(汗)。

純の逆パンダは、
薬をぬっても、飲んでも進行中です…。

このシーズンは、毎年なんですよ(T T)。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。