07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ubujun

Author:ubujun
2匹のラブラドール(うぶ・♀、純・♂)とまったり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ペット人間化メーカー
ペット人間化メーカー
人間ペット化メーカー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つかまれる純 in ニセコ

2011.08.22 23:36|お出かけ

今日から、仕事。


予想はしていたけれど…


やっぱり、体が動かない。

というよりも、やる気エヘッ。


職場の人何人かと電話で話しましたが、
みんな「リハビリ症候群」となっていて、
自分だけじゃないから、ま、しばらくこれでいこう。


さて

途切れ途切れでお伝えしているニセコ旅行記ですが、
大量の写真の中で見つけました。


「つかまれる、純」



つかまれる純1

これは、たしか人が通るか、車が通るかなんかして、
とっさにカラーをとっ捕まえた画。


そして…


つかまれる純2


これは、何が何でも木々の間にあるドブに入ろうとする純を
必死に取り押さえている、私の画。


良く考えてみると、


ウブはとりあえず、とっさの、しかも真剣な


「待て!!」

では、確実に止まる。
いや、きっと止まると信じてる。


でも、純は


信じてるのよ。



信じているけれど…



何かしらの事が起こると、待てと同時に
条件反射で、私は体が動きます。


もう、コマンドより、手が早い。 きっと。


そういえば、


もう3年くらい前になるけれど、
純ととある訓練競技会に出場して、
道にそれそうになるかもしれない(実際はそれていなかった)純を、
思わず引っ掴んでしまったことがあったっけ。

これ、競技会では絶対にしてはいけません…。


服従訓練の、大会なのだから
コマンドで一つ頼むよ、的なことを
審査員の方から、きつく注意されました。


純の背中から湧いてくる
「オレ、やっちゃうよ」オーラを勘違いでも感じてしまうと、
もう、本能的に「抑えろ(押えろ、かも)」の信号が
私に走るのです。



ちなみにこのときの大会。


純の動きは当時「遅れてやってきた天才(4歳デビューだったからね)」
と言われるほど(?)で、
私の愚行がありながらも、
指導手がアマなこともあって、3席でした。


いつでも足を引っ張るのは、私でしたが
事が起こる前に、
全力で犬を制御しなければならないのが飼い主の責任なわけで…。


当時、この習性と葛藤したもんだなぁ。


ま、今は競技会には出ないので、
制御のみに、全力を注いでおります(笑)。



この写真を見て、そんなことをふと思い出しました。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
「いろいろ大変なのね~」byウブ。
  ↑ 最近、君にも手がかかっているよ・・・。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。